研修会情報

第16回研修会

日時:2020年2月15日(土)13:00〜16:30

場所:北海道大学学術交流会館 第4会議室

テーマ:画像所見のみかた〜入門編〜

講師:石岡 俊之 先生(埼玉県立大学 保健医療福祉学部 作業療法学科)

 

講演1:臨床に役立つ脳解剖の基礎

 

講演2:療法士としての脳画像の使い方

 

【概要】

CTやMRIの画像を見ることができない、もっとリハビリテーションの実践に脳画像を有効活用したいと思っているセラピストの方に良く出会います。良くお話を伺うと“基本的な脳神経解剖や脳画像とは何?”から学び直したい人もいれば、脳画像から得られた情報をどの様にリハビリテーションに活かしたらよいのかと悩んでいる人までいらっしゃる様です。

 

そこで第16回研修会では、これらの悩みが解決する糸口となることを目的に、講演1:臨床に役立つ脳解剖の基礎 では、脳の神経解剖やCTやMRIの仕組みからの画像の濃淡(白く見える場所や黒く見える場所)の違いから始まり画像の溝や基底核の同定の仕方などのコツについて、MRIcronというソフトを利用しながら進めていく予定です。また、講演2:療法士としての脳画像の使い方では、「リハビリテーションを実施するときにクライエントのCTやMRIなどの脳画像から得られる情報をどの様に活用したら良いのか。」の問いに最近の神経学や脳科学の知見(研究論文)を紹介しながら一緒に考える講座を準備しております。

 

参加費:各講演2,000円(当研究会正会員及び学部生無料)

※日本作業療法士協会教育制度基礎コースポイント取得対象研修

(講演1・2の連続受講で2ポイントが取得可能です。)

 

下記の参加登録リンクより、参加登録をお済ませください。 

参加登録リンク

 

当研究会の正会員は研修会が全て無料となります。是非この機会に入会をご検討ください。

入会案内